千葉城(猪鼻城)おすすめ観光コース
※当サイトは広告及びアフィリエイトプログラムにより収益を得ています

東京

東京から1時間で城が見れる!千葉城周辺のおすすめ日帰り観光コース

旅行大好きめりこです。

姫路城や名古屋城など日本各地には有名なお城がたくさんありますが、実は東京からわずか1時間の場所にも立派なお城があるのをご存知ですか?

その名も、千葉城(猪鼻城)跡

今も立派な天守閣が残っていて、観光や日帰り旅行にぴったりの場所なんです。

この記事では、そんな千葉城(猪鼻城)跡と、その周辺を巡る観光コースをご紹介します。

千葉城周辺のおすすめ観光コース

今回私がおすすめする日帰りプランはこちら。

千葉城観光マップ

  1. 千葉駅でランチ(とみ田)
  2. ↓徒歩(15分)

  3. 千葉神社
  4. ↓徒歩(12分)

  5. 千葉城(猪鼻城)跡
  6. ↓徒歩(21分)

  7. 千葉駅でお土産購入

千葉駅を出発して千葉神社と千葉城を巡り、千葉駅に戻ってくるというコースで、所要時間は、見学や買い物、食事の時間を含め3時間ほど。

ちょっとした日帰り旅行、お散歩にぴったりのプランです。

私も実際に観光してきたので、各スポットをもう少し詳しくご紹介します。

①千葉駅でランチ(とみ田)

観光の前にまずは、腹ごしらえ!

千葉駅の構内には飲食店が多くありますが、その中で特におすすめなのが松戸富田麺業、いわゆる「とみ田のつけ麺」です。

休日のお昼前は行列ができていましたが、席数が多く回転も速いので、並び始めてから入店までは10分ほどでした。

濃厚つけ麺 並(950円)

ドロドロの超濃厚スープに、ツルツルモチモチの麺がばっちり絡んで、非常に美味しいです。

特製濃厚つけ麺 並(1,250円)

様々な部位のチャーシューを楽しみたい方は、こちらのメニューがおすすめ。

店舗情報はこちら→食べログへ

さて、お腹がいっぱいになったところで、いよいよお散歩がスタート!

徒歩で千葉神社へと向かいます。

途中、千葉県のご当地ゆるキャラ「チーバくん」の物産館を発見!

店内には様々な「チーバくん」グッズや千葉県ならではの土産品がありました。

そして、千葉神社まであと少し!という場所に、千葉常胤像があります。

千葉常胤は平安時代末期~鎌倉時代に活躍した武将で、平氏側でありながら源氏の手助けをし、源頼朝に幕府を鎌倉に建てるよう進言した人物だと言われています。

彼がいなければ鎌倉幕府も、今の千葉県もなかったかもしれませんね。

この千葉常胤像の目と鼻の先にあるのが、妙見本宮 千葉神社です。

②千葉神社

千葉氏の守護神である北辰妙見尊星王を主祭神として1000年に開山された由緒ある神社で、妙見信仰の総本宮です。

北辰妙見尊星王は「星の神様」と言われ、厄除開運、八方除のご利益があるとされています。

こちらがその本殿。

神社にしてはめずらしく2階建てで、上階でも参拝できるようになっています。

2階からの眺めはこんな感じ。

なかなか神社の2階に上がるという経験は出来ないと思うので、訪れる際にはぜひ階段を上ってみてくださいね。

また、境内には、「願い橋」「叶い橋」と呼ばれる2つの橋があります。

願い事を思い浮かべながら「願い橋」を渡り、叶う様子を想像しながら「叶い橋」を渡ると、願いが叶うと言われているそうです。

さらに、神社の境内ではインスタにアップしたくなるような、こんな写真も撮れちゃいます!

ハートとお月様のマークが可愛いですよね!

千葉神社を思う存分楽しんだ後は、この旅の本命である千葉城(猪鼻城)跡へと歩いて向かいます。

途中、千葉市美術館を通りながら、10分ほど歩くとお城が見えてきます…!

③千葉城(猪鼻城)跡

いかがですか、この立派なお城!

千葉常胤さんが天守閣に向けて矢を放とうとしているのが少し気になりますが…思っていた以上に、ちゃんとお城です。

ですが、実際の歴史については不明な点も多いらしく、本当にこの場所に天守閣があったのかさえ曖昧なようです。

正確な名称も城ではなく「千葉市立郷土博物館」らしいですからね。笑

とは言え、こんなにきれいに残っている天守閣はなかなかお目にかかれないので、わざわざ訪れる価値は十分にあります!

お城の中に入ってみよう!

天守閣の中は、千葉の歴史が学べる博物館(入場料無料)となっています。

1階~5階まで様々な展示物が楽しめ、最上階からは千葉の街並みを見ることができます。

運が良ければ富士山も見えるそうですよ。

私のおすすめポイントは、こちらの展示。

まさかお城の中で、昭和時代のご家庭の様子が垣間見えるとは思っていなかったので、非常に楽しく見学させていただきました。

いろいろな種類の顔出しパネルもありました!

お城の周りを散策しよう!

千葉城(猪鼻城)は、亥鼻公園の中にあるので、お城の周りを散策するのもおすすめです。

こちらは、昭和4年に建てられた「千葉開府800年記念碑」です。

100年近く前に作られたものなので、これだけでも歴史的に価値があるような気がします。

また、隣接する神明社内には「史蹟 猪鼻城阯」碑があります。

まさにこの地に千葉氏の居城があったことを証明する石碑です。

名物「いのはな団子」を食べよう!

公園内にあるこちらの茶屋では、名物のお団子がいただけるそうです。

ただ残念ながら私が訪れた時(休日の13時頃)には売り切れ…

公園に到着したときにはまだ残っていたのですが、城内を見学している間に無くなってしまったようです…泣

何が何でも食べたい!という方は、お城観光前に行きましょう。

喫茶スペースからはこんな感じで千葉城を眺めることもできるので、お団子がなくても一見の価値ありです。

観光の休憩に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

店舗情報はこちら→食べログへ

さあ、千葉城周辺の観光を楽しんだ後は、歩いて千葉駅に戻ります。

(途中の千葉中央駅や本千葉駅を利用しても良いのですが、千葉駅の方がお土産がたくさんあります)

④千葉駅でお土産購入

駅構内には、千葉県の名産を取り揃えた大きなお土産ショップがあります。

千葉県らしく様々な種類の落花生があったり、ピーナッツならぬ「Qなっつ」という面白い商品があったり…

とにかく魅力的なお土産がたくさんあるので、旅の思い出に購入してはいかがでしょうか?

というわけで、この記事では千葉城(猪鼻城)とその周辺を巡る観光コースをご紹介しました。

休日のお出かけの参考にしていただければ幸いです。

-東京
-,

© 2023 めりこの東京散歩