東京でアリゴが食べられるお店

東京グルメ

チーズがとろ~り!東京で絶品アリゴが食べられるおすすめ店5選

食べ歩き大好きめりこです。東京でアリゴを食べ比べしました!

皆さんは、フランスの郷土料理「Aligot(アリゴ)」をご存知でしょうか?

お餅のようにチーズがびよ~んとのびる、超濃厚なマッシュポテトで、お肉の付け合わせやバゲットのお供として食べられる料理です。

私はアリゴが大好きなのですが、東京ではなかなかアリゴを提供しているお店が少ない!

そこで、この記事では、私と同じようにアリゴをお探しの方に向けて、私が実際に食べて美味しかった、おすすめのお店をご紹介します。

まずは参考として、本場フランスで食べたアリゴをご紹介します。

【フランス・パリ】アンバサード・オーベルニュ

パリで食べた美味しいアリゴ

オーベルニュ地方の料理が食べられるお洒落なレストラン。

チーズがたっぷりで、モチモチ濃厚!なめらかな舌触りのマッシュポテトとの絶妙なハーモニーにほっぺたが落ちそうでした。

チーズの”のび率”check!

びよーんとチーズがのびる

こんなにのびるのかというほどチーズがびよ~ん!店員さんが「アリゴショー!」と言いながら目の前で見せてくれるんですよ。

まさにこれが理想のアリゴです!

店舗情報はこちら→地球の歩き方

では、ここからはアリゴが食べられる東京のお店をご紹介します。

パリのお店ほどチーズはのびませんが、どのお店も味は間違いないので、参考にしてみてくださいね!

尚、メニュー名および価格は掲載当時のものです。

【神保町】ビストロ アリゴ

アリゴ(税込486円)

ビストロアリゴ

レトロな一軒家をリノベーションした隠れ家的なお店。

店名にもなっている名物のアリゴは、ニンニクがガツンと香り、塩気も強いので、お酒が進むお味です。

チーズの”のび率”check!

ビストロアリゴのアリゴ

チーズは程よくのび、もっちりとした食感。ポテトのざらざらした食感も相まって食べ応えは抜群!お値段の割にボリュームがあるので、コスパが良いです。

店舗情報はこちら→食べログへ

【神田】神田ワイン食堂パパン

名物 アリゴ(税込748円)

パパンのアリゴ

神田の路地裏にある小さなビストロ。

スイスのグリュイエールチーズを使ったアリゴは、クセがなく万人受けしやすいお味で、ほんのりニンニクが香り非常に美味しかったです。

チーズの”のび率”check!

パパンのアリゴ美味しい

残念ながらチーズの"のび"はほとんどないのですが、サラサラとしているのでバゲットとの相性は良いです。マッシュポテト入りのチーズフォンデュという感じかな…でも、味は本当に美味しいです!

その他のおすすめメニュー

白レバーのパテ~自家製ブリオッシュ添え~(税込803円)

神田ビストロパパン名物

滑らかな鶏白レバーのパテ。しっとりとしたブリオッシュとの相性が抜群で、食べる手が止まりませんでした。

店舗情報はこちら→食べログへ

【渋谷】Wine no Ruisuke

るいすけのアリゴ(税込580円)

るいすけのアリゴ

新宿を中心に展開する『るいすけ』の渋谷ストリーム店。

半熟卵が乗っているアリゴは、ポテトのまったり感に、卵のまろやかさが絡み合って美味!

チーズの”のび率”check!

ruisukeのアリゴ

残念ながらチーズの"のび"はなく、味においてもチーズは主張控えめ。ですがポテトのなめらかさはピカイチなので、おいも好きさんにはおすすめです。

その他のおすすめメニュー

石窯ローストチキン(税込1580円)

るいすけのローストチキン

豪快なローストチキンはるいすけの名物で、このために石窯を開発したという気合いの入れよう。ふっくらジューシーなチキンを思いっきり堪能できます。

店舗情報はこちら→食べログへ

【新宿】肉ビストロ灯

灯のアリゴ(税込638円)

ビストロ灯のアリゴ

おしゃれ空間でワインとお料理を楽しめるお店。

表面をこんがりと焼かれたアリゴは、チーズの旨味を存分に味わえる一品です。

チーズの”のび率”check!

ビストロ灯のアリゴ

ポテトよりもチーズの存在感が強いものの、"のび"は少なく、さらさらとしています。お肉の付け合わせとしてちょうど良い味わいでした。

その他のおすすめメニュー

塊肉盛り合わせ(税込2178円~)

肉ビストロ灯

肉ビストロというだけあって、やはりおすすめは豪快な肉盛り!炭火でじっくり焼き上げられたお肉は柔らかく、ジューシーで美味しかったです。

店舗情報はこちら→食べログへ

【立石】びすとろハヒフヤ

とろーりチーズのアリゴー(税込580円)

びすとろハヒフヤのアリゴ

下町のカジュアルなビストロ。

ブラックペッパーが香るアリゴは、チーズの酸味とポテトの甘みが感じられる一品。ポテトのざらざらとした食感もややあります。

チーズの”のび率”check!

びすとろハヒフヤのアリゴ

ご覧の通り、チーズがびよ~ん!!テクスチュアは今回ご紹介した中で1番本場のものに近いような気がしました。

その他のおすすめメニュー

牛ハラミのステーキ&フリット 赤ワインバター(税込1780円)

びすとろハヒフヤのステーキフリット

ビストロ料理の定番、ステーキ&フリット!添えられている赤ワインバターが美味しく、あっという間に完食しました。

店舗情報はこちら→食べログへ

自宅でアリゴを楽しみたい方へ

さて、東京都内のアリゴが食べられるお店をご紹介しましたが、いかがでしょうか。

実は、お店に行かなくても、自宅で簡単にアリゴを楽しめる商品を2つ見つけたので、合わせてご紹介しますね。

アリゴ チーズマッシュポテト(ヱスビー食品)

ヱスビー食品のアリゴ実食レポ

原材料名:野菜(じゃがいも(国産)、にんにく)、植物性油脂クリーミング食品(還元水飴、パーム油、コーン油、その他)、ポテトフレーク、チーズフード、還元水飴、チーズ、乳等を主要原料とする食品(パーム核油、ヤシ油、脱脂粉乳、その他)、食塩、ガーリックペースト、香辛料/増粘剤(加工デンプン、グァーガム)、トレハロース、乳化剤、酸味料、調味料(無機塩)、香料、クチナシ色素、(一部に乳成分・大豆を含む)

にんにくやその他の調味料の味が濃いので、お酒やお肉に合いそうなお味。たっぷり240gも入っているのでかなりコスパは良いです。

十勝アリゴ(十勝野フロマージュ)

十勝アリゴの実食レポ

原材料名:じゃがいも、ナチュラルチーズ、牛乳、クリーム、バター、食塩、にんにく、胡椒

余計なものが入っていないので、シンプルに美味しい。(今回ご紹介したアリゴの中で一番本場の味に近いかも!)内容量は少なめですが、まさに「アリゴ」なのでおすすめです。



というわけで、今回はおすすめのアリゴをご紹介しました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

-東京グルメ
-, , , , , ,

© 2023 めりこの東京散歩