東京のおすすめバゲット

東京グルメ

【実食レポ】パリ発!東京のおすすめバゲット6選

パリのおいしいバゲットが食べたい!という方におすすめのお店をピックアップ!
東京で買えるバゲットを食べ比べ、感想をまとめました。

パリ発のおすすめバゲット6選

今回ご紹介するバゲットはこちらの6本!

おすすめのバゲット

(いずれも、パリから東京に上陸したパン屋さんで「バゲットをください」とお願いして購入したものです。)

こうやって並べてみると、形や色、大きさが違っていて面白いですね。

もちろん、味や香りもお店ごとに全く違うので、ここからは各店舗のバゲットをそれぞれご紹介します。

価格は掲載当時のものです。また、各コメントはいずれも購入後すぐに食べた個人の感想です。

FAUCHON(フォション)

1886年にパリのマドレーヌ広場にオープンした高級食料品店フォション。

日本では、東京や大阪の高島屋内をはじめとして、28店舗も展開されています。

紅茶やジャムが有名ですが、実はパンも美味しいです。

バゲット(税込334円)

フォションのバゲット

味、香りともに酸味があり、外はカリッと、中は少しモチっとした食感。バゲットにしては、やや軽めの印象です。

トーストすると、よりサクサクして、ラスクのようでした。

MAISON KEISER(メゾンカイザー)

50年に一度の天才と言われた、エリック・カイザー氏によるブーランジェリー。

1991年にパリで第一号店をオープンさせてからあっという間に世界各国にお店を構え、日本では約30店舗も展開されています。

バゲットモンジュ(税込335円)

メゾンカイザーのバゲット

味も香りも、とにかく香ばしい!外はカリッと、中はしっとりしています。ほんの少しですが、噛むほどに甘みが感じられました。

トーストすると、口当たりが軽くなり、香ばしさもアップ!

PAUL(ポール)

1889年に創設された老舗ブーランジェリーで、世界各国に400店舗以上も展開されている、フランス発のパンのチェーン店です。

フランスでは駅や空港、ガソリンスタンドにも店舗があり、コンビニ感覚で利用されている方が多かったです!

フルート・アンシェンヌ(税込313円)

ポールのバゲット

PAULの看板バゲットのひとつ、フルート(バゲットよりも細いフランスパン)です。外はパリパリ、中はしっとりとしていて、香りも良く食べやすいです。

トーストすると、より小麦の香りが強くなった気がします。

MAISON LANDEMAINE(メゾン ランドゥメンヌ)

パン職人の石川芳美氏とパティシエのロドルフ・ランドゥメンヌ氏がパリでスタートしたブーランジェリー・パティスリー。

フランスと東京に合わせて約20店舗も展開されています。

バゲット・トラディショナル(税込226円)

メゾンランドゥメンヌのバゲット

重量があり、全体的にしっとりとした印象。噛み締めるとほのかに酸味が感じられます。

外側も固くないので、厚切りにしてトーストすると、ふわふわ感が強くなりました。

RITUEL(リチュエル)

パリ随一のブーランジェと呼ばれるクリストフ・ヴァスール氏が手がけたお店。(現在はアパレルブランドのベイクルーズが営業しています。)

クロワッサンやエスカルゴがおいしいと評判ですが、バゲットも密かな人気商品なんです。

バゲット(税込330円)

リチュエルのバゲット

外側はカリッと中は柔らかめ。噛み締めるとほのかに酸味と苦味があり、味も香りも濃いです。

トーストすると、豆をローストしたような香ばしさが感じられました。

LE GRENIER A PAIN(ル グルニエ ア パン)

ミシェル・ギャロワイエ氏が手がけたお店。本店はパリのバゲットコンクールで二度も優勝した名店です。

本場パリで食べた時はあまりの美味しさに食べる手が止まりませんでした!

バゲット(税込367円)

ルグルニエアパンのバゲット

外側は軽くてサクサクしていますが、対照的に中はもっちりとした食感で、しっとりとしています。

芳醇な香りと濃厚な味わいが特徴で、トーストするとより小麦粉の風味が感じられました。

本場のレシピを忠実に再現したバゲットだそうなので、まさに本場の味が楽しめますよ。



さて、この記事では、東京で買える、パリのおいしいバゲット6つをご紹介しました。

どれも本当に美味しく、お値段も手頃なので、皆さんもいろいろと食べ比べてみてくださいね!

-東京グルメ
-,

© 2023 めりこの東京散歩