日本三大ういろうの特徴

おうちグルメ

「日本三大ういろう」(名古屋・山口・徳島)を食べ比べ!

食べ比べ大好きめりこです。名古屋ういろう、山口ういろう、阿波ういろの実食レポをお届けします。

世の中には三大夜景や三大庭園など、「三大○○」なるものが数多く存在しますが、ういろう界にも「日本三大ういろう」と呼ばれるものがあります!

この記事では、そんな「日本三大ういろう」の食べ比べレポをご紹介します。

「日本三大ういろう」とは?

日本三大ういろうとは?

「日本三大ういろう」は、愛知県の名古屋ういろう、山口県の山口ういろう、徳島県の阿波ういろの3つのことを指すそうです。

今回は、上の写真の通り、

【愛知県】青柳総本家のういろう(しろ)

【山口県】御堀堂の白外郎

【徳島県】日の出楼の阿波ういろ

を食べ比べてみました。

日本三大ういろう断面比較

それぞれ袋を開けてみると、まずそのフォルムの違いにびっくり!

一口に「ういろう」と言っても、原材料や形が全然違うので、まったく別の食べ物のようです。

それでは、各ういろうを実食!

【愛知県】名古屋ういろう(原材料・特徴)

名古屋ういろう実食レポ

原材料名:砂糖、米粉、小麦澱粉/グリシン、pH調整剤

白くてツルっとしているのは、米粉のおかげ。

優しい甘さで、ほのかにお米の香りがします。モチモチしつつも、割とやわらかめの食感です。

いろいろな味を食べ比べするのもおすすめ!

【山口県】山口ういろう(原材料・特徴)

山口ういろう実食レポ

原材料名:砂糖、小豆、小麦粉、本わらび粉/加工澱粉

弾力があり、ぷるぷるとした食感。

甘さ控えめで、小豆はほんのり感じられる程度。舌触りがなめらかで、例えるならモチっとした水ようかんという感じです。

抹茶味も美味しかったですよ!

【徳島県】阿波ういろ(原材料・特徴)

阿波ういろ実食レポ

原材料名:砂糖、小豆、うるち米粉、餅粉、食塩/トレハロース

もっちりねっとりした食感です。

甘さは控えめですが、小豆の香りは強く、あんこのざらっとした舌触りも残っています。あんころ餅に近いような気がしました。

こちらも有名のようです!

さて、この記事では「日本三大ういろう」を食べ比べてみた感想をご紹介しました。

同じ「ういろう」とは思えないくらい、味や食感が全然違ったので、皆さんも食べ比べをしてみてはいかがでしょうか?

というわけで、今回の記事は以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

-おうちグルメ
-, ,

© 2023 めりこの東京散歩