旅行

ツウな京都の楽しみ方!LE UN(ルアン)の川床ランチ【体験レポ】

旅行大好きめりこです。

この記事では、

・名所巡り以外の京都の楽しみ方が知りたい!
・自分へのご褒美、記念日に贅沢したい!
・川床って実際どんな感じなの?

という方に向けて、京都の夏の風物詩、川床ランチの体験レポをお届けします。

川床とは?

川床は納涼床とも呼ばれる、京都の夏の風物詩の一つ。

毎年5月から9月にかけて、多くの飲食店が川の上や、屋外で川のよく見える位置に座敷を作り、料理を提供してくれます。

その歴史は古く、江戸時代には約400軒もの茶屋が鴨川沿いにあふれていたとか。

現在では、京都の鴨川貴船の川床が特に有名で、毎年それ目当てに京都を訪れる方も多いようです。

おすすめの川床ランチは?

一度は体験してみたい川床でのランチ。

でも、夏の京都はとにかく暑いので、汗をかきやすい方や暑いのが苦手な方にとってはなかなかハードルが高いですよね。

そこでおすすめなのが、LE UN 鮒鶴京都鴨川リゾート

画像はOZmallより引用

こちらでは毎年10月末まで川床を提供してくれているのです。

10月なら最高気温は平均23度くらいなので、程よい涼しさで、思う存分食事を楽しめそうですよね。

汗っかきな私もこれなら安心!と早速行ってきたので、ここからは体験レポをお届けします。

LE UNの川床ランチ【体験レポ】

LE UN 鮒鶴京都鴨川リゾートは、京都を代表する老舗が立ち並ぶ、木屋町通の川沿いにあります。

元々は明治3年創業の料理旅館でしたが、“新旧が融合したジャパニーズモダン”として生まれ変わり、今では絶品フレンチレストランとして、広く知られています。

今回私が案内されたお席はこちら。

事前に公式HPから予約をしておいたので、川側のお席です!

店内は平日にもかかわらず多くの人で賑わっていましたが、席と席の間隔が広いので、周りはさほど気になりませんでした。

普段東京の汚い川を見ているせいか、鴨川は透明度が高いように感じ、キラキラと輝いて見えました。

せっかくなのでお料理もご紹介します。

今回は前菜・スープ・メイン・デザートが付いた川床ランチA(税込サ別3,850円)をいただきました。

まずは前菜

秋鮭のマリネと柴漬けのコンディマン

さっぱりとした鮭のマリネに、フレッシュなトマトやブドウ、そしてしば漬を合わせた一品です。

フレンチなのに、どことなく京都らしさが感じられる、まさにジャパニーズモダンなお料理でした。

続いてはスープ

秋の味覚のポタージュスープ

サツマイモのポタージュに、アールグレイのカプチーノという斬新な組み合わせ。

お芋の甘みと、紅茶の香りがベストマッチでした。

そしてメイン

夫は魚料理、私は肉料理をチョイスしました。

近海魚のポワレと旬の茸の一皿

この日のお魚は鮎で、ソースはポルチーニ茸など数種類のキノコを鱧の出汁を使用していました。

日吉豚ロース肉のロティ 柿のコンフィチュール

日吉豚は、京都のブランド豚のひとつ。

ロース肉はロースト、脂の多い部位はグリルにしてあり、食感や味の違いを楽しむことができました。

最後はデザートです。

ほうじ茶香る林檎とキャラメルのシブースト

ほんのりと和のテイストが香る、非常に美味しいシブーストでした。

横に添えられていたヨーグルトのソルベもさっぱりとした味わいでよかったです。

川床ランチの正直な感想

さて、今回はLE UN 鮒鶴京都鴨川リゾートにて、初めての川床ランチを体験してきました。

穏やかに流れる川を見ながらのお食事は、ここだけ違う時間が流れているのでは?と思うほどゆったりで、非日常を感じられるいい体験となりました。

ただ、ひとつ気になる点を挙げるとしたら、意外と揺れるということ。

木造というだけあって、風が吹いたり、スタッフさんが歩いたりすると、橋の上にいるような振動を感じました。

まあ、それも食事をしていたらすっかり忘れていたので、そこまで気にすることではないかな?

いずれにせよ、LE UN 鮒鶴京都鴨川リゾートでの川床ランチは日常を忘れられる素敵な機会になるはずです。

皆さんも上質な体験を求めに訪れてみてはいかがですか?

-旅行
-, ,

© 2023 めりこの東京散歩